時間を制する者は、恋愛を制する!

女磨き

物事の白黒をはっきりさせたい、せっかちな性格の人
気が長く、おっとりとしたマイペースな人
恋愛においてどちらが強いと思いますか?

答えは当然、後者の気が長くマイペースな人です。
要は、長期的な時間な使い方ができる人は恋愛にとても強いと言えます。

待たせる事で価値を高める

例えば、相手から連絡がないと不安になる期間が、彼が1週間だった場合、あなたはそれ以上に設定しておきましょう。
相手に待たせる時間を作ることで、自分の価値が高まるのです。

思い出してみてください。
苦しい恋愛は、待つ時間が多くありませんか?
彼の連絡を待ったり、彼の用事が終わるまで時間潰しをしたり、
待つ時間というのは、相手に時間を捧げている事で、その間ずっと相手の事を考えます。
相手の事ばかり考えると依存傾向になりますし、相手に時間を捧げ続けると元を取ろうと執着が生まれます。
自分を幸せにしない男だとわかっているのにやめられないのは、この要因もあると思います。

それを逆に活用できるのが、この長期的時間の単位を設定することです。
あなたが彼よりも長期的な時間軸を持つことで、彼は先に不安や焦りが生まれます。
そしてあなたの事を考える時間が増え、価値へと変わるのです。
このような自分の時間の感覚を変える事だけで、結果的にとても効果が出る駆け引きが出来きます。

意図的な駆け引きはバレると逆効果ですが、この方法なら大丈夫!

不安な時こそ時間を置く

「彼に振られるかもしれない」
「彼が他の女性と会っているかもしれない」

すでに苦しい状況に陥ってる時こそ、時間を武器にしましょう。

せっかちな人は、不安を抱えきれず、彼に気持ちを聞いたり、責めたり、別れを告げて彼を試したりしてしまいます。彼と別れてスッキリするならそれは一つの方法ではありますが、その結果が本当に自分のしたい事だったのでしょうか。

不安の波は突然にやってくるものですが、少しだけ時間を置いてみると収まったリします。

突発的な感情から来る行動にはタブーです!
まずは一晩、置いてみると少し気持ちも変化しているはず。

不安な時は何もしない

不安や嫉妬、悲しみに支配されてる時は何も行動してはいけません。
ほとんどの場合、状況を悪化させてしまいます。

行動するときは、自分の考えに整理ついた時です。

整理の仕方ですが、まず起こった出来事の事実と、感情を分ける事。
不安でいっぱいの時は、事実と感情が入り混じってしまい、事実を歪めてしまってます。

まずは自分の感情を整理して、紙に書いてみることをお勧めします。

起こった出来事と、それに対して自分がどう感じたのか。
どのようになって欲しいのか。
そうなるために、自分は何をすべきか

自分の感情は自分で対処する事が出来るようになれば、恋愛以外にもとても役に立ちますよ♪

さいごに

いかがだったでしょうか。
私も昔はとても短期的な時間の単位を持っていました。
とても短気で、感情的だったと思うし、他人からもそう写っていたと思います。
ですが、少し考え方を変えると、恋愛以外の人間関係や仕事でとても好転した経験があります。
何よりも自分が一番楽になりました。

間違えないで欲しいのは、長期的視点を持つ事は、時間を無駄にする事ではありません。
むしろ、長期的な目線で計画立てる事により、時間をとても大事に出来るようになります。

自分の時間を大事にすることは、自分の事を大事にすること。
そして、執着や依存ではなく、相手の事も本当の意味で大事に愛せるようになります。

苦しい時間を過ごしている人の参考になれば嬉しいです。

コメント