彼が浮気していたら、あなたはどうしますか?

恋愛テクニック

前回の記事で、彼の浮気の判断について書きました。
浮気の兆候チェックリスト

今回は彼が浮気している可能性が高い場合の対策について。

自分がどうしたいか考える

彼が浮気をしる事が確定したら。
とにかくショックで、悲しさや悔しさでいっぱいになってしまうと思います。
なぜ浮気をしたのか、彼に問いただしたい。

ひとまず深呼吸して、彼にぶつける前にひとりの時間を作り、
自分がどうしたいか。
彼の浮気によって、自分はどのような選択をするべきか決める必要があります。

別れる選択をする場合

ここで別れると決めてた方の、対策は言うまでもなく「事実を明らかにしてクロなら別れる」です。
浮気するような男性は今後もあなたを苦しめ可能性もありますし、結婚していない状態なら、彼の浮気癖を治すよりもっと誠実な新しい男性を見つける方がてっとり早いかもしれません。

スッパリと感情を断ち切る事は至難の技ですが、強い意志を持って自分を大切にする素敵な女性だと思います。
決断をした自分に女性として誇りを持ってください。

別れない選択をする場合

彼への気持ちは変わらないから、別れたくないと考える方が多いと思います。
この場合、ほとんどがすっぱり別れるよりも苦しい選択となるでしょう。

彼が浮気相手と縁を切ったとして、この先彼の行動を疑ってしまうかもしれませんし、
彼を信じられない自分に辛くなる事もあるでしょう。

なぜ、彼と別れたくないのか、その理由をしっかり考えましょう。
浮気をされたら、何か一番自分にとって辛く、許せない事は何か。
そして、どうなれば彼を許す事ができるのか。

紙に書くのがおすすめです。
自分の怒りや悲しみは何か。
怒りや悲しみとは別に、自分の願望は何なのか。

自分の気持ちを明確にする事が、今後彼と円滑な関係を保つために必要です。
モヤモヤとした気持ちをしっかりと自己分析する。

ここをしないと、
やみくもに彼を責めたり、
彼の前で取り乱したり、
相手の女性を攻撃してしまったりしてしまいます。

浮気された側にこういった行動をする権利はありますが、
本人にとってひとつもメリットがないことです。

責められた男性は逃げたくなり、
あなたがずっと嘆き悲しんでいると、相手は罪悪感を感じすぎ、逃げたくなるかもしれません。
前提として、浮気は倫理的には問題ですが、婚姻関係でない状態でしたら法的に問題ありません。
つまり付き合っている彼女がいても、二股をしても基本的に「自由」なのです。
この考えでいくと、浮気相手も彼女も同じ立場となります。
2人の女性をフラットに比べた時、「怒りや悲しみで責めてくる女性」と「彼の味方でいる女性」
どちらを選んでしまうと思いますか?
おそらく、浮気相手の女性は状況から「彼の味方でいる女性」になると思います、

だからといって、簡単に許す事なんてできませんよね。
心がえぐられたような状態で、その苦痛を与えた張本人である相手の味方でなんていれません。

でも、彼と別れない選択をするという事は、
彼を「許す」必要があります。
そのために、自分の気持ちを整理する事が大切なのです。

今後も関係を継続するため、彼への交渉材料をしっかり言語化する必要もあります。
許す代わりに、彼に何か望みを叶えてもらうのも良いかもしれません。
そうする事で、彼のあなたに対する罪悪感もある程度救われて、円滑な関係に戻りやすくなります。

そして、自分に落とし所が決まったら、彼に自分の気持ちを伝えましょう。
「浮気をされてすごく悲しかった」なら、それはしっかり言うべきです。
そして、そのあとは一切言わないこと。
自分としては忘れられない出来事だと思いますが、この事で繰り返し責めるような事をしても、
あなたの気持ちが癒えるような結果にはなりません。

あなたが自分としっかり向き合い、決断した事。
自分との約束を守りましょう。

彼に判断をゆだねない

自分ではどうすれば良いわからない、好きなのか憎いのかもわからない。
こんな状態になることも多いと思います。
ですが、幸せになりたかったら、浮気された後の判断を彼に委ねるのはやめましょう。

浮気をする男性は、女性に対して饒舌な場合がほとんどです。
彼の取り繕うような言葉に支配されるように注意してください。
彼の意思を聞くのは良いのですが、決断は自分でするようにしましょう。

コメント

  1. […] 前回の記事 […]