つらい恋愛は女性の魅力を半減させる

女磨き

昔から大人達から聞かされた「30超えたら、性格が顔に出る」
私が大人になって本当によく理解した事のひとつです。

ミステリアス、クールビューティーが素敵なのは、20代まで。
30を超えると、段々痛い女になるので要注意です。

という私は、クールビューティとよく言われてる20代、30代前半を過ごしました。
自分はそれで良いと思っていたし、そんな自分をいけてる女だと思い込んでました。

ところが30代で、辛い恋愛を経験しました。
恋愛中は女性ホルモンも活性化していたのでしょう。
色気もたくさん出ていたし、彼氏以外の一部の男性からもモテていたので、
女性としては、ある一定ラインは保っていたと思います。

ところが、その恋愛が終わった時、(自分の中で恋がさめた)
いっきに女性ホルモンが減った感じがしました。
その時、鏡に映った自分の顔を見ておどろきました。
それはただの「疲れた中年女」
それ以外の言葉がうかびませんでした。
顔はくすみ、たるみ、くま、、いろんなところがカサカサ…
これは結構ショックで、女引退というところまで考える始末。

恋愛中は、彼に会う時は最高の自分でいるようにしました。
どんなに彼が自分に優しくなかったとしても、その当時の私の目的は「相手の心を手に入れる事」であったため、目標に向かって邁進していたわけです。
せっせと完璧な女を演じました。
ところが、一人の時間、といういか彼に会う日以外のほぼ毎日、暗い顔をしていました。
彼に依存して不安だらけ。いつも彼のことを考えていました。というか悩んでた。
今思えば本当にダメな女でした。

結果的に、私は彼の心を手に入れました。
結婚したいと言われた時は幸せでしたが、手に入れてしまうとこれまでの彼の不誠実さが目について、
私から別れを告げました。(ひどい話ですよね)

そうなると、普段の自分にもどった時、いつも悩んでいた私はそれが癖になり、
表情も暗いまま、何も悩む事などなくなったのに、この「悩み癖」からなかなか抜け出せませんでした。

そこからは仕事に打ち込みました。
成果が出てキャリアもある程度積んで行ったと思います。

しばらくして、会社の後輩の女性(30台前半)が毎日暗い顔で出勤してくる事に気づきました。
彼女なりに色んな悩みがあるのだろうけど、「辛さ」に身を投じる事がまるで心地よいかのように見える。
もともとは綺麗な子なのに、申し訳ないけれど女の魅力を感じない。
すごくもったいないと思いました。

はたから見ると過去の自分もこうであったのだと気づき、何とも言えない気持ちになりました。
私の頃の私はつらかった恋愛から解放され、安定したパートナーがいたこともあり、
落ち着いていたのでより彼女の表情が暗く、よどんで見えたのかもしれません。
過去の自分が他人からどう見えていたかを実感したとき、
私は心から、いつも笑顔の女性の価値が高いと知りました。

女性は恋愛で一番輝くと思います。
ですが、その輝きは決して永遠ではありません。
数年続けば良いでしょう。

恋は季節のように移り変わるもの。
そして恋愛は相手ありきの幸せです。
どんなに毎日平穏に暮らしていても、大好きな彼の心無い言葉や行動は、恋する女性の心を曇らせて、
簡単に傷つけてしまうのです。
それが、ジェットコースターのようにドキドキする恋愛の醍醐味だったりするんだけど、
そういう恋は20台までにしましょう!

大人の女は、
他人の力ではなく、
自分の魅力は自分で決めて手に入れる

そう決めました。

そこからいつも心がけていることは

「毎日上機嫌でいること」

生きていたら嫌な出来事はたくさんあるし、
悲しいこと、悔しいこともありますよね。
でも、それらに振り回されてばかりの人生よりも、
自分がしたいことを見つけて、すこしばかり大変であっても目標をのりこえて、自分で幸せを得られるようになる。
こういった自分のベースをしっかりしていれば、素敵な男性と恋愛することも絶対にうまくいきます。

恋愛においても、相手は自分の鏡とよく言いますが、
これは本当にそうだと思います。
すてきな恋人と幸せな恋愛、結婚がしたいなら、
「毎日上機嫌でな女性」を目指してみるのはどうでしょうか。

いかがだったでしょうか。
これを読んだ人が明日も笑顔でありますように^^

コメント